不倫相手が妊娠(出産)した時の対処法

不倫には、性交渉が必ずあるものです。そうなると、不安になるのは女性が妊娠しないかということです。万が一、たとえば旦那の不倫相手の女性が妊娠した場合、さまざまなデメリットがおきます。

もちろん、旦那だけでなく、妻のほうにも起こるのです。

もし、不倫が発覚して、相手が妊娠したときにはやはり離婚も視野にいれたほうがいいのです。

不倫と請求と出産

不倫では通常は、精神的な苦痛を受けた方、たとえば先にあるような旦那が不倫をした場合には、妻が旦那に慰謝料請求や離婚請求をすることができます。法律では不定行為となるので、それが原因での請求は正当な行為です。

ところが不倫相手が出産したときにも、新たな請求権利が発生するのです。

「不倫相手は、配偶者のある男性に対し子供の認知請求と養育費の請求ができます。」

(引用サイトは、夫婦の不倫や離婚の問題を解決しようより
記事は、不倫相手が妊娠した時の対処法についてより)

つまり、不倫相手もあなたの旦那に自分の子であると認めろということができ、育てるためのお金を出してと言えるのです。そうなると、旦那ばかりでなく、あなたも夫婦ということで、その影響をうけなければなりません。

ただでさえ、不倫の精神的な苦痛を受けたのに、別の女性や、その子どもの面倒を旦那がみることで、生活が厳しくなることもあるのです。そんなこと誰が納得できるのでしょうか。

不倫相手が妊娠したとき対処法とは

まずは、旦那との離婚をするかどうかです。離婚をするとなると、大抵は妻の方に有利な条件で離婚をすることができるでしょう。離婚したときに慰謝料や子どもがいれば養育費も有利に受け取れるでしょう。

また、旦那が離婚をしないといっても、家庭裁判所へ調停や訴訟をすれば、不貞行為は明らかなので離婚することは十分可能でしょう。

なお、離婚をしてもしなくても妻の方に不倫相手から何かしら請求をされても断ってください。

不貞行為をしたのは、旦那の方であり、妻が支払う義務は生じません。もちろん、離婚をしたあとでは尚更、関係がなくなりますので、もし請求されても断るようにしましょう。

もし、離婚しない場合でも、相手の女性には慰謝料は請求できます。その場合もあなたに有利な方向に進められるはずです。離婚しない場合には、ねき寝入りはせずに請求しましょう。

ただし、なかには慰謝料請求をしない代わりに、子どもをおろしてと請求するなてことも聞かれますが、これは脅迫とうけとられて、トラブルになる可能性があります。

中絶させるかは強制せずに話し合いをすることしか、できません。

もし、不倫相手の女性から中絶費用を請求されたら断ることは出来ないでしょう。

しかし、中絶になった場合には、その子どもの認知や養育費の問題は発生しないことになります。

ところが不倫相手が出産した場合には、認知や養育費の支払いをすることになるでしょう。認めないと、相手からの裁判になることも予想されます。

不倫相手が妊娠したときには、かなり大きな問題です。将来も考えて、また弁護士などに相談して離婚も考えて結論を出しましょう。

PR→不倫サイト